WiMAXがあれば、固定回線は必要無い!?

WiMAXとは、無線を使ってインターネットを行うサービスです。
モバイルインターネットサービスの一種と言えます。
無線を使いますから、従来の固定回線と比べると、利便性が大幅に上がっています。



契約している建物内でしか使用出来無い固定回線の時代から、無線を使用して好きな場所からインターネットをするモバイルインターネットサービスへと、時代が移り変わっている最中が今だとも言えます。



WiMAXを使って出先でインターネット!



モバイルインターネットサービスは、3,600円前後で利用出来るのが一般的です。
ですから、価格設定も固定回線より安いです。
通信速度も光回線に匹敵するサービスが増えていますので、こちらへ移るユーザーが激増しています。



その流れに対向する為、最近の固定回線の金額はかなり安くなって来ています。
以前と比べると、破格的に安くなっている固定回線は多いです。
ですから、WiMAXの月額料金が高いと思ってしまう方もいるでしょう。



とは言え、固定回線を使用する場合、プロバイダーに支払う基本料金とは別に、回線使用料工事費、モデムなどの機器のレンタル料金などを支払い続ける必要があります。
ですから、結果的には、モバイルインターネットサービスよりも固定回線の月額料金の方が高額になるケースが多いです。



結果的に月額料金が高くなる



モバイルインターネットサービスと言うと、速度制限の規制が厳しいイメージがあります。
そんな中、比較的、速度制限の規制が緩いのがWiMAXと言うサービスです。
ですから、利便性の高さを考えるなら、WiMAXがベストと言う事になります。



WiMAXに関する詳細情報はこちら
GMOとくとくBB WiMAX 2+

速度制限とは?

固定回線を使用しているユーザーの方には実感が無い部分だと思いますが、モバイルインターネットサービスには速度制限と呼ばれる帯域制限が設けられています。
これは何かと言うと、いちユーザーが回線を占有してしまう事を避ける為の措置です。



モバイルインターネットサービスは、携帯電話サービスの帯域を使用しているケースが多いです。
ですから、電話サービスに支障が出ないように、ある程度の帯域を確保しておく必要があるのです。
ですから、速度制限は設けざるを得ないのです。



速度制限の目安は、1ヶ月に7GBと言う通信量と、3日間に1GBと言う通信量です。
どのモバイルインターネットサービスも、示し合わせたかのように、同じ通信量で速度制限を設けています。
速度制限にかかってしまうと、通信速度は128Kbpsに落ちてしまいます。(参照:



速度制限



この通信量ですが、メインのインターネット回線として使用するには不十分です。
7GBと言う通信量は、動画を見ればあっと言う間に超えてしまうのです。



7GBはあっと言う間



その一報、WiMAXの場合はインターネット専用の回線ですから、ある程度帯域に余裕があります。
ですから、WiMAXは速度制限の規制が緩めです。



WiMAXの場合、ギガ放題プランで契約を行えば、7G制限の縛りがありません。
3日間の総通信量も、3GB以上にならないと、速度制限の対象とはなりません。



安心が一番



ですから、メイン回線として考える場合、WiMAXがベストなのです。

WiMAXの月額料金で最安値は?

WiMAXのギガ放題プランの月額料金は、4,880円です。
ですが、WiMAXサービスを展開するプロバイダーによっては、もっと安い月額料金でサービスを利用する事も可能です。



特に月額料金が安いプロバイダーは、GMOとくとくBB WiMAX 2+と言うプロバイダーです。
このプロバイダーの鬼安キャンペーンを利用する事で、月額2,760円でWiMAXサービスを利用する事が可能です。



安くWiMAXサービスを利用する事が可能



更に、毎月貯まる100ポイントを割引きに使用する事が出来ますし、WiMAX端末が無料で貰えると言うキャンペーン特典も付いて来ます。



それらの特典を活用する事で、かなりお得な状況でインターネットを楽しむ事が出来るようになります。
詳しい情報は、GMOとくとくBB WiMAX 2+の公式サイトにてご確認下さい。



GMOとくとくBB WiMAX 2+の公式サイトはこちら
GMOとくとくBB WiMAX 2+